薄毛の方には大きな声で言えない正直な気持ちです

薄毛の方には大きな声で言えない正直な気持ちです

 幸いな事に、主人も30代の息子達も薄毛ではありません。と、こういう風に幸いにもと言ってしまうのが私の思いを表していますね。友人で、ご主人が薄くなった悩みを話してくる人に対しては、口では気にしなくていいよーと言いますが、お気の毒だなと思ってしまいます。

 恋愛対象になるかどうかは、若い頃であれば「ならない」です。一緒に歩いたり、友達に紹介するのがちょっとつらいと思ってしまうかも。今現在(50代)では「ありうる」です。年代的にそういう人も増えていますし、いずれみんななくなるし、この年代までくると、薄毛も若い頃よりは深刻ではなくなります。

 人は見た目ではないと思ってはいるのですが、やはり髪がないのは気になります。特にこちらから見ても薄毛で自分に自信がないような人や、気にしているようなそぶりのある人はダメです。ただし、薄毛を気にしていないような明るくて活発な人だったなら、実際には恋愛対象となるかもしれないです。結局その人次第という事になります。

 薄毛治療に関しては、頑張っておられるのはいい事だと思うのですが、できれば隠しておいてもらいたいです。申し訳ないのですが、その事にどうリアクションをとってよいのかわかりません。

 応援できる治療方法は、隠しておいてほしいので正直難しいですね。ただし、身内の人間であったなら莫大な費用がかからないもので、効果も期待できそうなら、どのような方法でも応援したいです。

 薄毛の人に対する先入観については、とても偏見が入っていますが、世間一般にあるような、消極的とか女性が苦手とか、体が弱いとか、男性にしては線が細いイメージがあります。

↑ PAGE TOP